2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

*両親と肉まん作り*

先週日曜日、両親と肉まんを作りましたー(o・ω・o)ノ
28060205
ぱっくり割ったら具がたっぷりー♡

肉まんはずーっと作ってみたいと思っていたのですが、
家に蒸し器がなかったし、包み方がいまいちわからなかったりで重い腰がなかなか上がらなかったのです。

でも実家に帰ったら(オーブンは壊れて使えないけど。)蒸し器は現役。
そして大昔だけど肉まんを作ったことのある父がいる。

季節的に肉まんの時期じゃないけど、教えてもらうには絶好のチャンス♪
ということで親子3人で肉まんを作りました。

具作り☆
28060201
生地も具もクックパットのレシピを参考に、最終的には父が適当にアレンジ。

具は父、母、私の3人の共同作業。

**父の作業**
豚バラブロックをたたいてミンチに。
破竹を適当な大きさにカット。

**母の作業**
にんにく、生姜をみじん切り。
玉ねぎを1センチ角、干し椎茸を適当な大きさにカット。

**娘の作業**
玉ねぎをたっぷりの油で飴色強までじっくりいためる。
肉だけをしっかり捏ねる。
干し椎茸、破竹、にんにく、生姜、調味料を合わせてひたすら捏ねる。

包めた!?☆
28060203
生地作りはHBにお任せしました。
出来上がった生地で先に作っておいた具を包むわけですが、
父も何十年ぶりかの包餡作業でなかなか悪戦苦闘。
父に包み方を教えてもらいながら、私もやってみました。

包み作業は12個中8個が父、4個が私。
右の4つが私が包んだ肉まんです。
(母は別作業をしてたので、包餡作業はせず。)

私作の4つのアップ☆
28060202
右上が一番最初に作った子。

アップ☆
28060207
なんだかヒダの部分がだんごみたいですねぇ。
無理やり包んだ感があって見た目は完全にアウトですが、
具を押し込みながらもなんとか包みこめたので私的には合格です。

多分3個目☆
28060204
ちょっとはマシになったかな!?
父の手直しは入ってますが、最初のよりは大分見れる気がします。

そして4個目☆
28060206
一番上手にできたと思うけどどうでしょう!?
包む作業に必死になるあまり肩に力が入って生地を目の前に持ってきてちまちま作業してたけど、
生地を顔から離して力を抜いて包む方がいいみたいですね。
あと指の角度やら肉を押し込む力加減とか、いろいろ難しかったです。

蒸しあがり☆
28060209
ふんわりほわほわ~(*´∀`*)
売ってる肉まんみたいなビジュアルには程遠い仕上がりだけど、
なんだかんだと手間と時間をかけたこの子たちは不細工でもかわいい♡♡
若干閉じ目が開いてた子もいたけど、ぱっくり割れたりはしてなかったので最初にしては合格でしょう♪

あつあつをいただきまーす☆
28060208
久しぶりの肉まん作りでおいしくできてないかもしれないと弱気な発言をしていた父ですが、
一口食べて「めっちゃおいしいっ!!」と満面の笑顔。
食べる前にお酒も飲んでたので真っ赤な顔で破顔。
蒸している間は「発酵モノは時間がかかるからめんどくさいんだ」とかなんとか言ってたけど、
ちまちま作業の積み重ねが報われてよかったね~(*′艸`)

生地がほんのり甘くて、具はたっぷり。
肉汁じゅんわりで、破竹の食感が最高。
とにかくめちゃおいしかったんですよー(○´∀`○)ノ
お腹パンパン(臨月だから余計に張り裂けそう)だったけど、一気に2つ食べました♪

よし、東京に戻ったら蒸し器買おう。
そして今年の冬はOttoにもおいしい肉まんを食べさせてあげよう(o´∀`)σ
(その前に何回か練習させてもらわねば)

*****************
おまけ☆
28060403
父が庭で育てたイチゴ。
里帰りした日に真っ赤になってたのをちぎって食べました。
そろそろ終わりかけの時期でしたが、甘くておいしかったー(*´∀`*)

たくさんなってた頃は甥っ子たちが遊びに来るたびに競って食べてたようです。
こういう環境っていいなぁ。


*すいか*

   

スポンサーサイト
[ 2016/06/04 ] パン | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する