2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

*9/6塔ノ岳(ヤビツ峠スタート)*

先週末、またまた山に登ってきましたーヾ(o゜∀゜o)ノ
お天気がどうなるのか微妙だったので、朝起きて空を見てから決めようと思ってたのですが、
朝の5時前ってまだまだ全然暗くてよくわからず、、、
大分悩んだのですが最終的にOttoが行こうと決断しました。
26091205
写真左に富士山が見えるはずなのですが、今回も富士山はおあずけ。

8:03秦野駅到着☆
26091201
バス停にはすでに行列。
天気が微妙でもやっぱり山に行く人はいるんだなぁと思いながら、列の最後尾に並びました。
8:18バスに乗ってヤビツ峠へ。

8:55ヤビツ峠到着☆
26091202
ヤビツ峠はローディーのメッカらしいです。
この日も何人ものローディーが急な坂を楽しそうに登ってましたYO。
Ottoはそれを見て羨ましそうだった・・・

9:12ヤビツ峠スタート☆
26091203
柔軟したり靴ひも結び直したり。
三ノ塔経由で塔ノ岳まで行くよー。

よいしょ。
26091204

10:26ニノ塔到着☆
26091206
まだまだ余裕。

そうそう、今回から相棒ができました☆
26091207
先日前職の上司とごはんを食べに行った帰りにお店の方が下さったブードゥー人形(??)。
もらった時は"えっ、こんなファンキーなのいるかなー(笑)!?"って思ったけど、
せっかくもらったんだからと持って帰ったところ、意外にもOttoが食いついてきました。

なぜなら・・・
26091208
ブードゥー人形のマント(!?)が私たちのザックの色と合致してたからです。
私のザックはピンク、Ottoのザックはオレンジ。
こりゃ私たちにぴったりじゃんってことで、それぞれのザックに付けました。
これに気付いたOttoはエライ!!

そしてせっかくだから名前つけてあげたいなぁと思ってFBで名前を募集したところ、
友人から「ノース」と「フェイス」というナイスなアイデアをいただいたので、採用させていただきました♪
(OttoはNORTH FACE贔屓)
みなさま、これからノースとフェイスをどうぞよろしゅう(o´∀`)σ

10:33ニノ塔出発☆
26091209
ガスガスの中進みます。

10:47三ノ塔到着☆
26091210
ニノ塔から三ノ塔はあっという間。
少し休憩して10:58三ノ塔出発。

おっ!?
26091212
ちょっと晴れて来て山の稜線が見えた!?

アップ☆
26091213
次の目的地である烏尾山の小屋が見えるー(*'o'*)

ガスが晴れてテンションあがって、こんなところもなんのその。
26091214
写真で見ると大したことない階段だけど、対峙すると結構怖いです。
子供の頃なら恐怖心なくどんどん行けちゃうけど、大人になると慎重になりますね。

11:27烏尾山到着☆
26091215
三ノ塔から見た烏尾山は気の遠くなる距離に感じたけど、
歩いてみると30分くらいで着いてびっくり。
でも烏尾山から三ノ塔を見返しても、あの距離を歩いてきた自分をほめたくなります。

ちょっと早いけど、ここでランチ☆
26091216
今回もメインはカップラーメン。
身体には悪そうだけど、こんな時じゃないと食べないからヨシとします。
おにぎりは梅と"あんまりだー"というにんにくいりこ味噌。
100均で見つけたかわいいおにぎりシートで包みました。

空☆
26091217
晴れ間が出たり曇ったり。
やっぱり不安定。
休憩もたっぷりとって12:20登山再開。

12:40行者岳到着☆
26091218

行者岳から次の目的地である新大日をみたらこんな感じ☆
26091221
晴れてたらもっとくっきり見えるはず。

アップ☆
26091220
人が歩いてるのが見えます。
あそこを自分達も歩くのかと思うと気が遠くなりますが、前進あるのみ!

行者岳から新大日の間はこんな鎖場がたくさん。
26091222
子供の頃やったアスレチックを思い出してなんだか楽しくなります。
でも恐怖心もあるから慎重にクリア。

鎖場の難所を越えた後、木の階段がありました。
湿った木で滑りそうだなぁと思って慎重に足を置いたはずなのですが、
足が滑ってこれぞ"尻もち"、尻もちのお手本という尻もちをつきましたΣ( ̄ロ ̄lll)
最初は心配してくれたOttoも、大丈夫とわかった途端大笑いするほど見事な尻もち。
周りに誰もいなかったので恥ずかしさはそれほどなかったけど、痛いもんは痛い。

でも負傷といえばお尻と裏太ももの打ち身と右手の若干の擦り傷のみ。
この時ばかりはお尻についた肉に感謝しました。
ありがとう、尻肉。

痛い痛いとぎゃんぎゃん騒ぎながらも進むしかないので進みます。

きのこ☆
26091223
こちらもきのこのお手本のようなきのこ。
毒アリでしょう。

そんなこんなで13:30新大日到着☆
26091224
ここでは休憩せずに素通りして14:10塔ノ岳山頂に到着。(TOPの写真)

積乱雲☆
26091226
頂上で登頂の余韻に浸りながら休憩してたら、遠くで雷がゴロゴロ。
山小屋のご主人にも「早く下った方がいいよー」と言われ、14:30バカ尾根下山開始。

開始5分くらいでなんとなく雨が降ってきました。
でもまだ空に明るさもあったし、すぐ止むかも!?と思ってそのまま下山。

ところが雨はやむ気配もなく、若干強くなってる・・・!?
仕方なくウインドブレーカー的なのを羽織って、ザックにザックカバーをかけました。
後から思えばこの時ちゃんとレインウェアを着るべきだったのです。

その後も雨は降り続き。
雨宿りをする場所もないので、雨の中濡れながらザックからレインウェアを取り出して、
ドロドロの靴に足を通してレインウェアを着るという行為が億劫で、、、
結局この日は最後までレインウェアは着ませんでした(´・ω・`)

そして雨が降っているということは暗くなるのも早いわけで。。。
木々が生い茂ったバカ尾根は16時を過ぎると足元が見えにくくなるくらい暗かったです。
(こんな日に限ってライトを持って行くのを忘れてて・・・)
私は下りが苦手で早く下れないので、後から下って来た方たちにどんどん追い抜かれ、
自分たちの後ろには誰もいなくなり、
Ottoに「このままのペースで下ってたら足元が見えなくなって下まで降りられないかもよ」と脅され、
傷む膝を騙しながら必死で下りました。
雨で道はドロドロ、木や石で足元が滑る、暗くて見えにくい、ひざが痛い、不安。

結局17:07に無事下山できたので良かったのですが、この日の下りはきつかったー。
下界はまだまだ全然明るくて、今まで下って来た山道の暗さが嘘みたいだったけど、山と雨の怖さを知りました。

山をなめるな。
装備は完璧に。

*******************
最高の天気の3連休。
ほんとは今週末登るべきだった。

最高の天気の中、Ottoはベランダで先週汚れた靴の手入れをしています(笑)

*すいか*

   

スポンサーサイト
[ 2014/09/14 ] | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する