2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

*4/10☆2(+1)人で高尾山~往復1号路~*

少し前のことになりますが、4月10日に久しぶりに高尾山に登ってきましたー(o・ω・o)ノ
28041305
※今日の記事はかなり長文になってます。

高尾山口駅が新しくなってた☆
28041301
初めて高尾山に登った時と同じ07:00の電車に乗って08:30分頃高尾山口に到着。
駅のトイレがキレイになってたり、前回来た時はなかった温泉なんかもあったり。
駅構内のトイレは10個室くらいありますが、当然電車から下りた登山客で激混みです。
帰りに気付いたけど、駅構外にも2個室分のトイレがあるので、
もしかしたらこっちの方が空いてるかも!?

桜☆
28041302
ケーブルカー&リフト乗り場の前。
満開時期は若干過ぎてましたが、綺麗に咲いてました。

登山安全☆
28041303
今回は1号路で山頂を目指します。
08:50スタート。

09:28リフト乗り場通過☆
28041304
今回はゆっくりゆっくり。
10分に1回くらい休憩をはさみました。
1号路はハイキングみたいなものだと思ってナメてたけど、
このリフト乗り場までは結構な坂だった気がします。

アイス発見☆
28041308
Ottoが食べたいと言うので買って半分こ。
小さいけど170円します。
山だから仕方ないね。

ここからは比較的平坦な道☆
28041309
Ottoと話しながらのんびり歩いて進みます。

男坂と女坂分岐で考えるOtto☆
28041300
男坂は煩悩の数(108段)の石段、女坂はなだらかな坂。
いつもならキツイ方の男坂を選びますが、今回は女坂。
途中おだんごや冷やしきゅうりを売ってるお店がちょこちょこありますが、
お腹空いてないのでちら見して素通りです。
アイス食べたし下山後おいしいお蕎麦を食べようと思ってたのでね。

高尾山薬王院☆
28041306
09:53に到着。
しっかり参拝してきました。
天狗やらタコやら見所いっぱいです。

さくらー☆
28041307
こちらでも綺麗な桜が見れました。

10:20山頂到着☆
28041313
曇ってたから富士山は見えないだろうなぁって思ってたけど、
うーっすら見えましたー。+.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.+。
うっすらだけど見えただけでうれしい。

山頂ではすでにたくさんの人がシートを広げてお弁当を食べたり、
記念写真を撮ったり、楽しい光景が広がってました。
Ottoはカキ氷が食べたかったようですが、この時期まだかき氷は売ってませんでした。
冬のなごりかおでんはありました(o´∀`)σ
かき氷は5月からなのかな!?

(+1)の存在☆
28041314
実は今回はお腹にいるもう一人の家族と一緒に登ってます。
この時は8ヶ月。
お腹も大分ぽっこりしてたはずだけど、この写真だとあんまりわからない!?

妊娠8ヶ月なのに高尾山って思いますよね(・・。)ゞ
週末になると曇ったり寒かったりが多かった3月4月。
そんな中で4月8日のお天気がめちゃめちゃ良くて、
昼頃外を歩いてる時にふと山に登りたいと思ってそのまま仕事中のOttoにLINEを送りました。

つわりも皆無で初期から妊婦らしい妊婦ではなかった私。
8ヶ月に入ってからは体重管理と便秘対策を兼ねて1日1時間ちょい歩いてました。
1時間歩いてもお腹が張ることはなく、そんな時にふと沸いた山に登りたい感情。

Ottoも高尾山くらいなら体力的には大丈夫だと思うけど、
万が一転んだ時を考えたら・・・と心配してくれましたが結局私のわがままをきいて
安全第一&絶対無理はしないという約束で一緒に行ってくれました。

高尾山の1号路は観光用で子供も年配の方も登ってるので余裕だと思ってたけど、
登り始めたらリフト乗り場までは結構な坂でちょっとナメ過ぎてたなぁと反省。
自分の身体は全然大丈夫だけど中のベビさんが苦しくないかが心配で、
10分ごとに休憩を取りながら登りました。
「ちょっと苦しいよー」なのか「酸素くれー」なのか「まだまだイケるよー」なのか、
終始元気な胎動を感じさせてくれたベビさん。
一緒にがんばってくれてありがとう♡

実際登る前に何が不安だったのかと言えば、体力云々の問題ではなくトイレです。
歩くと膀胱が刺激されてすぐにトイレに行きたくなる時期だったので、
我慢出来なくなったらヤバいなっていうのが一番の心配事でした。
でも高尾山の1号路にはトイレスポットがたくさんあります。
しかも山のトイレにしては劇的にキレイです。
和式じゃなくて洋式なのもありがたかったなぁ。
おかげさまで気持ちよく登ることができました。

下りはリフト☆
28041311
全然疲れてなかったので、ちょっとだけ休憩して10:45下山開始。
登りより下りの方が転倒の可能性が高い&人生経験のためにリフトを使ってみました。
夫婦共に人生初のリフト。
最初リフトに座った時はあまりに無防備な造りにこわいーって思ったけど、
すぐに慣れてふわふわした感じがすごく楽しかったです。

が、隣のOtto、実は高所恐怖症。
一人でひゃーひゃー言ったり、ちゃちい造りのリフトに文句言ったり。
私が足をプラプラさせたら怒ったり、小さい子供が乗ってるのを見て尊敬したり。
そんな様子を見て私は大爆笑でした。
Ottoはこの時にこの日初めての汗をかいたそうです(笑)

11:45
2(+1)人、全員無事に下山完了(o´∀`)σ

お楽しみのお蕎麦~☆
28041312
お昼時でしたが、5分くらい待ったらすぐに席に案内していただけました。
Ottoは小盛鴨ねぎ丼とかけそば。
私は冷やしとろろそば。

この冷やしとろろそばがコシがあってめーっちゃおいしかったー.。*(〃´∀`)・.。*
結構量があったのに、あっという間にペロリでした。
お蕎麦のおいしさが今までイマイチわからなかった私ですが、
この時のお蕎麦は感動しました。
去年浅草の人気なお蕎麦屋さんで食べた時よりもおいしく感じました。
身体を動かした後だからかもしれないけど(〃゚∇゚〃)

Ottoにとったら山に登ったっていう感覚は全くなかったと思うけど、
お腹の中にもう一人いる状態で高尾山に登れたことは私的にすごく幸せでした(*´∀`*)
わがままに付き合ってくれてありがとう♡♡♡

お腹の子が生まれてからも高尾山に登りたいな。
その時はOttoの背負子に乗ってもらおう(o´∀`)σ

*********************
ということで先週臨月に入り、今日から正産期です。
5月12日に里帰りして、のんびりした毎日を送っております。
ありがたいことに臨月に入っても体重増加と便秘以外は元気そのもの。
でも私自身もう若くはないし、元気に生まれてくるまでは自分の身体を過信しすぎないようにしなければ。

予定日まであと少し。
もういつ生まれてもおかしくないんですよね。
なのに、まだ買えてないものがいっぱいあります(笑)
いろいろ検討しながら新しい家族を迎える準備をしようと思います。

実家のオーブンが壊れていて使えないので、
ブログの更新は里帰り前に作ったものやら日々の料理やら友達とのランチやら。
なんやかんやこれまで通りちょこちょこ更新していく予定です。

*すいか*

   

スポンサーサイト
[ 2016/06/01 ] | TB(-) | CM(0)

*8/23鳳凰三山縦走(2日目)*

2日目の記録。

03:00起床。
汗拭きシートで全身を拭いたけど、やっぱりなんとなくベタベタ。
そしてイビキの合唱。
19時頃布団に入って寝たものの、1~2時間おきに目が覚めてしまい、
疲れているのに爆睡はできず。
それでも多少は疲れが取れてた気がします。

いろいろ準備して、03:52まだ真っ暗な中ヘッドライトを装着して、小屋を出発。
04:47地蔵岳到着(2764m)☆
27090101
いきなりオベリスクの写真ですが、ここまで来るのがめちゃキツかった・・・(>ω<、)
朝まだ身体が起きてない状態での急坂登り。
加えて足場がサラサラの砂。
いくら足を前に出しても、砂で引き戻されて出した分の半分くらいしか前に進まない。
何度も休憩しながらなんとか頂上まで到着しました。
朝から汗ダクです。

オベリスクを登る男たち☆
27090102
岩の塊。
私も途中まで行きましたが無理して落ちたら大変だと思って、下から見守ることにしました。
↑の写真は師匠が岩を力技で登ってる写真。
でもここはどうやら登るべき場所じゃなかったらしい(笑)

結局OttoもKP師匠もオベリスク制覇は出来ず。
どうやら最後に直登的なポイントがあるようです。

雲海☆
27090103
ご来光を見ようと思ってたのですが、残念ながらガスってて見えず。

地蔵岳で記念写真☆
27090104
標高2700オーバーなので、寒くてみんな防寒着装着。

オベリスクから少し離れるとお地蔵さんがいっぱい☆
27090107
地蔵岳ですから。

昇り切った太陽☆
27090105

少し離れたところからのオベリスク☆
27090106

06:00再開☆
27090108
ゴツゴツした岩の間を通ります。
真ん中にスッと伸びている山の稜線を通って観音岳を目指します。

北岳☆
27090109
雲がありますが、くっきりと北岳が見えています。
KP師匠は北岳が見えるたびに写真を撮っていました。
北岳の写真だけで何枚くらい撮ったでしょう(笑)!?

07:20分岐到着☆
27090110
この時点で大分へばっていたのですが、観音岳までまだあと40分もあるよー!!
疲れててもへばってても、自分の足で歩くしかないのです。

疲れた身体に堪える登り☆
27090111
直角じゃないかと錯覚するほどキツイ登り。
それでも少しずつでも足を前に出すとちゃんと登っているもので。
ゆっくりだけど確実に前に進みます。

07:57観音岳到着(2840m)☆
27090112
鳳凰三山の中では一番高いのかな!?
ニ山目制覇(。→∀←。)

奥でちょっと休憩☆
27090113
写真の撮り方が悪いのでこの場所の凄さが伝わらないけど、岩が積み重なったテッペンです。
高所恐怖症のOttoはKP師匠のように向こう側を向いて足をぷらぷらできなくて、こっちを向いています(笑)

08:25再開☆
27090114
手練れの方々と会話を楽しむ二人。
一番奥の方がいろいろとレクチャーしてくれています。
とっても紳士で話上手な方でした。
山ではいろんな出会いがありますね(*'-'*)

09:00薬師岳到着(2780m)☆
27090115
三山目制覇(。→∀←。)
2840m観音岳から考えたら標高は下がっていますが、それでもアップダウンはあるわけで、
ここに来るのも楽ではありません。
それでも三山踏めたということで、記念写真は3人とも変な格好です。
最初は3人で飛んでいる写真を撮ったのですが、着地と同時に私がすっ転んでしまい大笑い。
大分足に疲労がたまってたようです。
09:15再開。

09:23薬師岳小屋☆
27090116
写真を撮って、トイレ休憩だけで先を急ぎます。
09:30再開。
ここからは長く緩やかに下ります。

ガマ石☆
27090117
ガマガエルに見えますか!?
私は最初全然見えなかったけど、2人に説明してもらったらやっと見えるようになりました。

ガスってきた☆
27090118
夕方から雨がふるかもしれないという話しだったので、ガスるたびに雨が心配でした。
大きな岩があるとことを下りたりしながら先を進みます。
この辺でOttoが右ひざに痛みを感じ始めたようです。

10:35南御室小屋到着☆
27090119
小屋も小屋の前のスペースも結構広くて、テント場もあります。
トイレも何個もあります。
私たちはここでお昼休憩をさせてもらいました。

師匠のお昼☆
27090120
なんとおでんです!!
おでんを持ってこようと思ったことなんてなかったので、びっくりヽ(*'0'*)ツ
でもあたためるだけで食べれるので、
重いのをがまんすればおでんもアリだなぁと勉強になりました。
あとソーセージも行動食にいいらしいφ(・ェ・o)~メモメモ
私たちはと言えば代わり映えのないカップラーメン(苦笑)
でも外で食べるカップラーメンっておいしいんですよねー♪

そうそう、こちらも鳳凰小屋同様お水が豊富です☆
27090121
ここでも水が補給できるけど、小屋の前には↓の看板。
27090122
南アルプスの天然水w(*゜o゜*)w

矢印の方に進むと確かにありました☆
27090123
でもさっきの水場の水とこの水はどう違うのかしら!?
こっちのが南アルプスの天然水だとしたら、最初の水場の水はどこの水!?

水も補給しましたが、足がつりそうだというOttoのために、ポカリも購入。
1本400円しますが、山でポカリが買えることだけでありがたい。

11:40再開☆
27090125
食べてる途中でガスったり晴れたり忙しい天気だったので、
最悪のことを考えてザックにザックカバーをかけました。

12:10分岐到着(2524m)☆
27090126
薬師岳まで歩荷で荷物を運んでいる2人に会いました。
ものすごく重そうな荷物を背負って登ってきたのに、なぜか疲れは見えず。
強靱な肉体の持ち主ですね。
ちょこっとお話しさせてもらって、12:15再開。

下ります☆
27090127
ガレキやら岩やら、足元が悪く膝に負担がかかります。
私は下りが苦手で、すぐに膝が痛くなるので心配でしたが、
この辺までは痛みもなくまぁまぁ快調。

13:30「杖立峠の道標のある場所」到着(2177m)☆
27090128
この少し前に杖立峠があるはずなのですが、杖立峠には気付かず通り過ぎたらしい。
大分疲労してたので、ここで20分くらい休憩しました。

13:50再開。
急な下りが続いて遂に私の左ひざが痛くなり始めました。
右をかばうあまり左に負担をかけていたようです。
ゴールはまだまだなので、だましだまし前に進みます。

14:40夜叉神小屋到着☆
27090129
三山縦走中ずーっとハエやハチなどのムシがぶんぶん飛んでました。
結構標高高いのに。

最後の力を振り絞ってジャンプで記念写真☆
27090130
やっほーい!!
少し休憩して15:00にゴールを目指して出発。

15:45夜叉神峠登山口到着☆
27090132
Ottoも私も膝の痛みがMAXに達することなくなんとかゴールできました(○´∀`○)ノ
KP師匠はひざの痛みはなかったそうで、流石です。

下りが遅い私のせいで、何組ものパーティに抜かれましたが、
3人ともケガなく無事に下山できてよかったー((*´∀`))((*´∀`))
そして心配してた雨にも降られず鳳凰三山挑戦してほんとよかったー♡→ܫ←♡

15:51バスに乗って甲府駅へ。
17:05甲府駅到着。
17:26かいじに乗って新宿経由で地元駅まで。

ほうとう食べて帰れば良かったな・・・

あ、いろんなきのこがありました☆
27090131
マリオのきのこ、パンみたいなキノコ、真っ白なキノコ。
いろいろあっておもしろかったです♪

翌日からひどい筋肉痛に襲われて大変でしたが、久しぶりの山は楽しかったです。
今年、次の登山はあるのか!?
乞うご期待(o´∀`)σ

*すいか*

   

[ 2015/09/01 ] | TB(-) | CM(0)

*8/22鳳凰三山縦走(1日目)*

8/22-23で今年初の山登りをしてきましたー。+.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.+。
昨年の11/23の鍋割山以来初(笑)
(※鍋割山の記事も書いてなかったので、遅ればせながら遡って書きました。)
(ついでにずっと書かなきゃと思ってたクリスマスディズニーの記事も書きましたので、お暇な方は是非。)

久しぶりの山登りだったので、お盆に剣山で足慣らししておくはずが、
天気に恵まれず足を作れないまま南アルプス鳳凰三山縦走へ。
実は1年前にも鳳凰三山縦走計画があったのですが、天気の関係で行けず終い。
ということで今回の縦走は1年前のリベンジでもあります。

8/22-23も台風が2つもきていて当日まで行くかどうか迷いましたが、
いろいろ調べて南アルプス周辺は大丈夫そうだということで決行!!
27083102
06:41地元駅出発、07:30新宿から特急あずさに乗車し、09:18韮崎駅到着。
長旅ですが、まだバスに乗らなければなりません。
そのバスが09:45発で時間がたっぷりあるので、
バス停の見える駅前の開けた所でグダグダしてたら、
乗らなきゃいけないバスのバス停が駅の裏にあることに気付いて大慌て。
走って駅裏のバス停に向かったのですが、結局間に合わず、出鼻をくじかれました。
バス停前で途方に暮れていた私達に、
タクシーの運転手さんが6,000円で目的地まで連れて行ってくれると声をかけてくれました。
地獄に仏。

10:30青木鉱泉到着(1100m)☆
27083103
3人で行ってたので、一人2,000円。
そのくらいなら許容範囲でしょってことでタクシーに乗車。
運転手さんは強面だけど、とても優しい方でした。
後でバスに乗った方に聞いたらバスでも一人1,700円かかったということだったので、
タクシーの運転手さん随分良心的な金額で連れて行ってくれたんだなぁ。
改めて感謝です。

10:45ドンドコ沢ルートスタート☆
27083104
久しぶりの山登りで膝が心配だったので、十分に準備運動をしましたYO。

沢沿いを進みます☆
27083105
ドンドコ沢ルートというだけあって、常に近くに水を感じます。
私は右膝が痛くなることが多いので、右に負担をかけないように注意しながら進みます。
一緒に行ってくれたKP師匠が私に合わせてゆっくり先頭を進んでくれたので助かりましたが、
急な登りで一気に心拍があがりへーへーはーはー言ってしまいます(苦笑)
そして汗ダク。

12:00お昼休憩☆
27083101
少し開けた所で休憩&エネルギー補給。
我が家は私が作ったおにぎり。
KP師匠はもやしラーメン。
野菜不足を懸念してちゃんともやしを持って来ているところが流石です。
標高はそこそこ高いのに夏だからかハエやらハチやらが多くて困りました。

12:30再開☆
27083108
充分休憩をとったけど、こういう綺麗な沢があると男2人は手を洗ったり顔を洗ったり。
私もやりたかったけど、日焼け止め塗ってるしお化粧してるので自粛。
KP師匠は頭もバシャバシャやってました(笑)
さすが師匠!!

13:00南精進ヶ滝到着(1600m)☆
27083106
この滝に到着する前にかなり急な所を登ります。
足だけではムリだったので手も使ってよじ登りました。
なんとか登り切ったら壮大な滝があって、気持ちがいいです。
ちょっとだけ(笑)疲れが癒えます。

次は下りだ☆
27083109
これまた急な下り。
これも足だけじゃ無理なので、滑らないように手を使って下ります。
こわいなんて言っても誰も助けてくれないので必死です。
下りだけじゃなく、もちろん登りもありますYO。

14:50白糸滝☆
27083107
また滝だーヾ(o゜∀゜o)ノ
ポイントポイントでこういう癒しスポットがあるのは大事だと思う。
あそこまでがんばろうっていう気持ちで進めるからねー♪

そしてまた急な場所を登る☆
27083110
Ottoがイエイなんてやってるけど、顏はキツイ表情(笑)
久しぶりの山登りだからねー。

15:32五色滝(2200m)☆
27083111
もいっちょ滝ー(*´∀`*)ノ
太陽の光に照らされてキラキラしてます。
マイナスイオン万歳。
汗と一緒に日頃のドロドロしたものが出てる感じが心地良い。
少し休憩してまたスタートです。

富士山発見☆
27083113
なんでかな。
登ってる時に富士山見ると元気が出る。

沢のお水はとっても澄んでます☆
27083115

おっ☆
27083114
なんかかっこいいのが見えたー!!
あれは翌日登る予定の地蔵岳のオベリスク。

16:50鳳凰小屋到着(2380m)☆
27083117
ゆっくりゆっくり、休憩もたっぷり取りながらだったけど、
陽が落ちる前に小屋に到着できてよかったです。
私たちが着いた時には沢山の方が外で食事をしたりお酒を飲んだり楽しそうにされてました。

小屋の中はこんな感じ☆
27083118
二段になってるスーペースのうち、下の段が私たちの寝床。
天上が大分低いのを忘れて、3~4回頭をゴンっと打ちました。
1回打ったら次は気を付けようよ、自分・・・

夜ごはん☆
27083116
我が家はラーメン。
KP師匠は小屋のカレーを大盛りで2杯食べたようです。

湧水☆
27083120
ミネラルたっぷりのとってもおいしいお水です。
この時点で持っていった水が底つきかけていたので、こちらでお水をいただきました。
昔の私だったらこういう水って衛生面が気になって飲めなかったけど、
山登り初めてそういう偏見(?)がなくなりました。
山小屋も然り。
郷に入っては郷に従え。

岳Tシャツ☆
27083119
1日目は岳Tシャツ(モンベル)で揃えてみました。
KP師匠も揃えませんか!?

テント場☆
27083122
テントがいっぱいヽ(。・ω・。)ノ
カラフルだ。

富士山☆
27083121
小屋の方から“富士山が夕日に染まってる”という情報を教えていただいたので、
見える場所まで行ってみたけど、行くのがちょっと遅かったみたい(・・。)ゞ

18:30頃☆
27083123
月が出てたよー。
私達夫婦は疲れてたので19時ころには布団で休んでたのですが、
元気なKP師匠は20時頃まで外で他の方たちと星を見ていたそうです。
撮った写真をみせてもらったらほんとに満天の星空。
疲れた身体にムチ打って見に行けばよかったなー(○゜ε゜○)

2日目に続く・・・

*すいか*

   

[ 2015/08/31 ] | TB(-) | CM(0)

*11/23鍋割山*

※写真とメモを頼りに記憶を呼び起こして2015年08月30日に追記しています。

2014年11月23日に2014年の登り納めをしてました。
07:37新松田駅到着☆
26120401
11月で日没が早いので、一番早い07:55発のバスに乗れるように家を出ました。

08:17「寄」に到着☆
26120402
「寄」と書いて「ヤドリキ」と読むらしいです。
トイレ行ったり、靴ひも結び直したり、柔軟したり、準備です。

08:30スタート☆
26120403

茶畑☆
26120404
綺麗。
Ottoと私の影が茶畑に映ってたので写真に撮りました。

動物避けの柵☆
26120405
開けたらちゃんと閉めましょう。
ちなみに鍋割山と言えば有志が歩荷で水を頂上まで運ぶ習わしがあるらしく、
Ottoも歩荷する気満々で挑んだのに、私たちが選んだルートは水置き場がありませんでした。
どうやら大倉からスタートするルートじゃないと歩荷ボランティアには参加できないみたいです。
水置いてないなぁなんて言いながらずんずん進みます。

ザックの中は超軽いのに、この時点からなんだかとっても身体がダルかったことを覚えています。

09:39櫟山(クヌギヤマ)到着(810m)☆
26120406
雲取山、南アルプスを登った今でも、私が一番つらかったのがこの鍋割山。
どう考えても鍋割山の方が楽に登れる山なのに。
体調が悪かったんだと思ったけど、
ブログを書きながら地図でコースタイムを確認してたら寄から櫟山まで1時間40分かかるそうで、
私たちは寄から櫟山まで1時間10分程しかかかってないことが発覚。
身体がキツかったのは早く登り過ぎたから!?

ススキ☆
26120407
秋ですねー(*´Д`)⊃

09:58栗ノ木洞到着(908.3m)☆
26120408

急な下りが続きます☆
26120409
山あるある。
急坂で標高をググッと上げても、結局下りで標高ダウン。
身体がダルい私には拷問のようでした(笑)

歩荷する予定でザックを軽くしていたOttoは私とは逆に足取りが軽く、
ひょいひょい動いて置いていかれます。
心拍も上がりきって、足取りも重い私ですが、がんばって足を前に出します。

紅葉☆
26120410
秋ですな~(○´∇`*)σ゚o。o゚
こんな景色に癒されながら、11:15山頂に到着!!

おっ☆
26120411
みなさんが運んできたお水が山積みにされています。
ドMのみなさん、お疲れ様です。

鍋割山と言えば鍋焼きうどん。
頂上に着いたらすでに鍋焼きうどん待ちの列ができていたので、
すぐに並んで鍋焼きうどんを注文しました。
注文しても食べれるまで1時間くらいかかりそうなので、頂上周辺を散策。

富士山☆
26120412
結構近くにくっきりと見えました。

山頂の様子☆
26120413
休憩する人、持って来たもので食事をとる人、鍋焼きうどん待ちの人。
時間が経つにつれて下から登って来る人で山頂はごった返しました。

ソーラーパネル☆
26120414
遮るものがないので太陽いっぱい浴びてます。

山荘の中☆
26120415
11:23に注文をし、1時間待ちだと言われてたので、暫くは外をフラフラしていましたが、
そろそろ時間かなぁという頃になったので山荘の中で待たせて頂きました。
注文時に苗字と人数しか言ってないので、
いつ呼ばれるのか、そして呼ばれたのが自分たちなのかが分かり難いんですよね。
どこにでもある苗字なもんで。

そしてそして☆
26120416
12:36お待ちかねの鍋焼きうどん登場~。+.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.+。
うんうん、言われた通り待ち時間は1時間くらい。

卵とろん☆
26120417
お腹ペコペコだったので、写真なんてそっちのけで食べたかったのですが、
やっぱりこれは撮っちゃいますよねー(*′艸`)
熱々をハフハフ一気にいただきました。
普段「うどんなんて」って言ってるOttoもおいしそうに食べてました。

記念写真☆
26120419
鍋割山1272.5m。

13:08下山開始☆
26120420
下りは苦手ですが、鍋焼きうどんのおかげか今更ながら元気が出てきて、
登りの時よりも周りの景色を楽しむ余裕がありました。

山の様子☆
26120421
いろんな色で季節の移ろいを感じます。

14:27櫟山☆
26120422
下界が見えます。

15:33下山完了☆
26120423
15:40バス乗車。
日が暮れる前に下山できてよかった(○´∀`○)ノ

鍋割山の想い出としては、身体がめちゃキツかったっていうのが一番(笑)
鍋焼きうどんはめちゃおいしかったけど、それ以上に身体がキツかった(・・;)
次はもっと体調がいい時に登りたいなー♪

*すいか*

   

[ 2014/11/23 ] | TB(-) | CM(0)

*10/12雲取山~石尾根縦走*

2日目の記録。

朝(!?)3:40起床☆
26101701
山の朝は早いですね。
なんとなくまわりがゴソゴソし始めたので、トイレが混まないうちにと私達も起きました。
起きて外に出たら綺麗な月と綺麗な星。
(写真にはキレイに撮れなかったけど・・・)

トイレに行って、空を眺めて、買って来てたパンを食べて。
朝早く起きたおかげで、うまくいけば雲取山山頂でご来光がみれそうだということになって、
当初の予定よりだいぶ早い4:58に雲取山山荘を出発しました。

前日下った急な山路をヘッドランプをつけて、今度は登ります。
朝イチからかなりハードな登り。
空気は冷たかったけど、身体はすぐにあたたたまりました。

5:22雲取山山頂到着☆
26101703
雲海、初めてみたー!!!
すごいー!!!
この看板は東京都。

大分明るくなってるけど、まだ月が出てます☆
26101704
この看板は埼玉県。
どうやら山頂に県境があるようです。

だんだん空が明るくなって来た☆
26101702

不思議な雲☆
26101705

15:44日が出てきた☆
26101707

どんどん昇る太陽☆
26101708

あっという間にまんまる☆
26101709
太陽が見え始めてから全部が出てくるまではほんとあっという間。
ご来光って初めて見たけど、すごくきれいで感動しました。
自然って無限。
雲がなかったらどんな風に見えたのかなー!?

全然気づかなかったけど、反対側には富士山も見えてましたー☆
26101710
1日目はガスっててどこにあるのかさえ分からなかったけど、2日目に見れてよかったー(○´∀`○)ノ
最近は富士山見れない山登りばっかりだったからうれしかったな。

26101711

06:00山頂を出発☆
26101712

ガス・・・
26101715
1500mくらいまで下るとガスってこんな感じになりました。
雲の中にいるってこと!?

07:12七ツ石山到着☆
26101713
前日も来たこの場所。
キツイ登りでしたが、がんばりました。

七ツ石山からの景色☆
26101714
ここも雲の上。
10分ほど休憩して、07:22出発。

07:28分岐☆
26101716
石尾根縦走路の方へ進みます。

ヒメくん☆
26101717
前日荷揚げをして鷹ノ巣山に一泊して、この日は雲取山を目指してたのかな!?
とってもお利口なわんこ。
凛としててかっこいい!!

靴ひもを結ぶOtto☆
26101718
07:40千本つつじ!?
結局千本つつじではなかったみたいだけど、なんか急に開けた場所でした。

青い鳥☆
26101719
ガスってて見えにくいけど、Ottoの前を青い鳥が暫く案内してくれました。

蜘蛛の巣☆
26101720
密度の濃い蜘蛛の巣がいーっぱい!!
なんでこの辺は蜘蛛の巣ばっかりだったんだろう!?

レインウェアとザックカバーを装備☆
26101722
ガスがひどくて服やザック、髪が濡れて来たので、
このまま雨になったらこの日(⇒)の二の舞になると思って先手。
これで雨が降っても大丈夫ー♪と心置きなく前へ進みます。

08:49鷹ノ巣山避難小屋☆
26101721
ヒメくんと飼い主さんが泊まったのはここかな!?
テント場もあったけど、飼い主さん結構軽装備だったしなー。

鷹ノ巣山を目前に急な登り!!
26101723
心が折れそうになります。
この登りが一番きつかった気がします。

09:13鷹ノ巣山山頂☆
26101724
やったー。+.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.+。
ここでちょっと休憩。
小腹がすいたのでパンをぱくり。

富士山も見えるよー☆
26101725
ここも雲の上だから紫外線が気になるくらい快晴(○゜ε^○)v
09:35出発。

木がいーっぱい倒れてました☆
26101726
そしてこの辺りで若干道に迷いました(苦笑)
Ottoが地図とコンパスで道順を確認しながら進んで事なきを得ましたが、一人だったら絶対遭難してる。
すごく急な下りもあるし危険です。
そうそう、Ottoが尻もちをつきましたΣ( ̄ロ ̄lll)

10:50六ツ石分岐☆
26101727
立ったままちょっと休憩。
10:57出発。

粘土質の土☆
26101728
ぬるぬる(?)、つるつる(?)してて、踏ん張りがきかず滑る滑る。
下るのが怖くてへっぴり腰でなんとかクリア。
この辺でも1回Ottoが軽くコケました。
2回ともほとんどどこも汚れなかったけど、この日はよくコケる日だ(笑)

11:25奥多摩三ノ木戸分岐☆
26101729
目指す奥多摩駅の文字が(o´∀`)σ
ゴールが近づいている気がしてテンションあがります。

へっぴり☆
26101730
高所恐怖症のOttoはこういう橋は苦手。
写真撮るからこっち向いてーって言っても返事すらない(笑)

12:42稲荷神社☆
26101732
通過。

12:51ついに林道へ☆
26101731
この先はずっと林道かーなんて思ってたけど、
この後山道に戻ったり林道になったりを繰り返します。

13:11羽黒神社☆
26101733
この辺りでクマが出たらしいw(*゜o゜*)w

13:43奥多摩駅到着☆
26101734
予定よりだいぶ早く奥多摩駅に着くことができました。

奥多摩駅でカップラーメン☆
26101735
縦走路には座ってゆっくりできる場所がなかったので、お昼を食べてなかったのです。
駅前ではマス(だったかな!?)を焼いて売ってたり、その辺で一杯やってる方がいらっしゃたので、
私達も失礼してお湯を沸かしてラーメン食べました(・・。)ゞ
うんまい!!

汚れた靴とトレッキングポール☆
26101736
私を支えてくれました。
特にこの日デビューさせたトレッキングポールは最高。
こんなに歩いたのに膝が痛くなることはほとんどなく、
Ottoが2回もコケたのに私はコケることもなく。
ほんとにトレッキングポールサマサマ(*´∀`*)
これからも力強い味方になってくれそうです♪

初めての1泊山登り。
台風が近づいて来てたり、雨が降らないか心配だったり。
いろいろ不安要素はありましたが、終わってみたらめちゃめちゃ楽しい2日でしたヾ(o゜∀゜o)ノ

次はどこかな!?

*すいか*

   

[ 2014/10/18 ] | TB(-) | CM(2)